株式投資は長期売買が基本、1銘柄に集中投資危険

株式投資は長期投資にしたほうが時間の分散がはかれるので有利ですが、やみくもに持ち続けるのはリスクがあります。

株式投資で必要なのは銘柄の選択と、タイミングです。

1つ銘柄に資産の大半を1回で買うのは、もしその会社が危うくなったり、株価が乱高下したときに資産を一気に失うことにつながるのでお勧めできません。

よっぽど自信がない限り分散投資し、企業の成長を見届けながら株を売買するほうが得策です。

企業も右肩上がりに成長していれば持続でいいのですが、もし悪材料や将来的に成長が期待できないようであれば他の企業に目を向けたほうがいい場合もあります。