株式投資の手数料は長期保有の場合一日定額制は向かない

2016年7月11日

株式投資をする場合、気になるのが株の売買手数料です。株価が上がって儲けが出たと思っても、手数料分を引いたらマイナスの方が大きかったという場合もあるので、手数料にいくらかかるのかは常に頭に入れておかなくてはなりません。

実際の金額は証券会社によってい違い、売買する株価によっても変わってきます。一般的に株価が高くなるほど手数料も高くなります。手数料の設定は、一約定ごとに払う方法と、一日の合計額で払う一日定額制があります。株を長期で保有し、一日にいくつもの株を売買するのでなければ、一約定ごとに払った方が安くなるケースの方が多いですが、売買の前にきちんと計算してみることが大切です。

コメントはまだありません